FC2ブログ
05 31
2009

京都の講習においては、
声明(お経)を学びに行ったのが

一番の目的ですが、
今回の講習は全国各地から、

声明を学びに様々な大谷派僧侶の方が
本山に来ていますので、
各地の様々な方と出会えるというのも、

普段では、経験出来ないことでした。

自分自身、社交的であると
思っていましたが、

今回の様に主たる部分、
声明に極めて自信を持てない状態で臨んでいると、

その社交性も影を潜め、
隅っこに隠れていようなんて心理が働きまして、

そんな気にもならず、出会った人には、
物静か、悪く言えば暗い人物と思われたので
はないかと思います。

私の社交性というのも、極めて限定的な、
ある程度ゆとりがないと発揮されないとわかりました。

そんな物静かな私でしたが、
少ないながらも、何人かの方とは
コンタクトをとる事に成功しました。

その中でも、一人の方は、
ピアノを弾かれる方で、ご自坊で合唱団をつくられ、

仏教讃歌をお寺の行事に取り入れているということでした。

私の妻でもある、准坊守も独身時代
ずっとピアノをやって来た人なので、
それを活かした事をやりたいと考えていると話しましたら、

是非取り組んでほしいと、その場でも教えていただき、
また、様々資料を送付していただきました。

大変有難いことです。

もう一人の方は、同じ東京教区の方で、
当然声明は遥かに私より出来る方で、

その場でもアドバイスしていただき、
また、声明講習が終わった後、

自坊で永代経があるから来ないかと
誘っていただきました。

坂東市にある阿弥陀寺様というお寺だったのですが、
大変立派なお寺で、法要も、経験したことがないような、
壮大なものであり大変勉強になりました。

出会いは自分では、選べません、
ありとあらゆる人との出会いが、思いもよらないものです。

しかし、そこで何かの縁で言葉を交わし、
関係が気付かれる、そのような部分に

人生を豊かにしてくれるものが
あるのではないかと思うようになりました。

それは、ただ何人知り合いがいる、
何人友達がいると、多いことが良いということではなく、

仕事でも遊びでも新たな出会いを喜べる、
そのような姿勢でいることが、

その場に行けてよかった、
参加してよかったと思わせてくれるのではないでしょうか。


出会いは必ず何かを生み、何かを残す。

松井優征


人と人の出会いは、自身だけでは成し得ない大きな実りを生む。
人生の師、良き教員、良き友人をはじめ「生涯の宝」と誇れる出会いをもつ人は幸福である。

作者不詳


阿弥陀寺さん
阿弥陀寺さんです。↑
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ナカノブ

Author:ナカノブ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ