FC2ブログ
01 28
2009

1月27日現在
奥さんと娘が帰って来ました。

独りでいるのは
寂しいと実感出来ました。

誰かがいる
有難みがわかり
この一か月はある意味有意義でした。



また、これからは3人暮らしていくのだなと
気を引き締めているところです。



仏教の開祖であるお釈迦様は
子供に

羅睺羅(らごら、ラーフラあるいはラゴーラ)

と名付けました。

羅睺羅の由来は諸説あるようですが、
障礙、障碍つまり、さわりとなる、

邪魔となるという意味があるそうです。
これを、最初聞いた時は不可解に感じたものです。


奥さんと娘と離れている時も、
週に一度は会いにいき、
毎日連絡をしていました。

会えば、それだけでうれしくなって
腕に抱いているだけで、幸せな気持ちになる
幸せの種でありました。
(今でもそうですが)

しかし、
電話で話している時に、
娘の調子が少しおかしい
お腹をこわしているなんて
聞きますと

「どうした!」
「大丈夫!」
「病院にいかなくて大丈夫!」

と途端に不安なってしまう、
不安の種でもありました。



お釈迦様の求めた悟りというものが
俗っぽく言った場合に

生きていく上での苦悩から離れ、
心の平穏を求めることだとしたら

子の存在というものが、
己の意思ではどうすることも出来ない

心を揺れ動かす一番の存在

ということであったのかなと、
勝手に思っております。

041_convert_20090128001355.jpg
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ナカノブ

Author:ナカノブ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ