FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『子どもは誰かと一緒のとき一人になれる』 ウィニコット



この言葉を知ったの
芹沢俊介氏のお話の中だったかと思う

中々不思議な言葉だ

母親と小さい子供が
公園に遊びにいく

日が経つにつれ
母親からの距離が離れて遊べるようになる

そして離れていく過程で
母親の存在を確認している

確認できる内は一人で遊べるが
母親の存在が確認出来なくなると

途端に不安定になり
母親を探し、遊べなくなってしまう

しかし母親を見つけると
また安心して一人で遊べるようになる

自分を見守ってくれる人がいる
自分の存在が受けとめられている限り

人は一人で歩むことが出来る
新たな世界に飛び込むことが出来る

成長することが出来る
ということなのだろうか

長女がもうすぐ幼稚園を卒園する
親が言うのもなんだけど
結構しっかりした子だ

振り返ってみると3歳の頃
幼稚園に入園してから3カ月は
ほぼ毎日幼稚園に行きたくないと
泣いていた
そこに友達が駆け寄ってくれて
「一緒に行こう」と声をかけてくれて
彼女は幼稚園に行けるようになった

それから3年
彼女は幼稚園の
生活発表会(お遊戯会)の最後の挨拶の役目を
与えられ
そして昨日今日と
友達の家に泊まっている

最初は一泊の予定だったのだが
あまりに楽しすぎてもう一泊するとのこと

なんだか寂しくなっちゃって
親離れじゃなくて
子離れできてない
自分の成長が必要かも

当然我々親も彼女の存在を
丸ごと受けとめられているのかは
分からない
一緒に成長していけたらな
P1130743.jpg

P1130867.jpg
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ナカノブ

Author:ナカノブ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。