FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お寺の活動について取材をしたいという
連絡をいただいた
(専門的な業界紙なので皆様のお目に届く事はないかと思われますが)

落語とかジャズとか、青年層の対話の会などの話を
聞かせてもらいたいとのことであった。

以前であれば
即「了解です」なのだが
なんだが迷いが生じてしまった。

それは第三子の出産を切っ掛けに
本業以外の活動をお休みしているということも
あるのだけど

条件が整えば以前のような活動を
また行うのか?自分でも
定まっていなかったためである

まずこの6年間で
勤行、法話、座談以外で
どのような行事を行ったのか

思い出せるだけ思い出すと

対話の会、ジャズライブ&縁日、落語、民謡講演、バイオリン演奏、チェロ演奏、どじょうすくい、流しそうめん、もちつき、焼き芋、昭和の遊び、サックスコンサート、憲法をテーマにした上映会、原発をテーマにした上映会、ヨガ、整体、アートスポット、講演会等々

結構多岐に渡っている
なぜこのような活動をしていたのかと
問われれば

社会から分断され孤立した存在を結び付け
希薄になっていく人間関係を新たに繋いで行く
出会いを通して、助け合いの関係を
構築したいと答え、実際そう考えていた

ただこう活動を一端休止し
立ち止まって振り返ってみると

何か自分を奇麗な言葉で騙しているのではないか
自分が抱えている不安に向き合っていないのではないか
そんな気がしてきていた

最近ハスノハという悩みに応えるサイトや
仏教情報センターという電話相談を受ける
ところに少々関わっている

多くの人が悩んでいて
悩みはそれぞれなのだけれど

こういうパターンがある

存在への不安を感じている
不安を解消するために
自分の価値を高める
社会的意義のある活動をする
人に従って気に入られようとする

いわば必要とされるために
徹底的に努力するが報われない
そして生きる力を失ってしまう

辛い、苦しい、どうしたらいいのか、、、

存在への不安を解消する為に
努力して存在意義を確立する
一見合理的な考えのような感じもするけれども

何かを「する」ことで不安を解消しようとしている限り
何かをし続けなければ、不安は解消されなくなってしまう

そうではなく
なぜ自分は不安を感じているのだろうか
不安を感じさせているものは何か
こう問いを発動させる必要があるかと思う

胃が痛いから胃薬を飲むという形で
胃薬が手放せなくなってしまう
目を向けるのは胃痛を生じさせている
暴飲暴食やストレスあるにも関わらず
胃薬で胃痛をなくしてしまうということに
似ているかも知れない

不安は解消するのではなく
不安の理由と向き合うべきなのだと思う

多くの場合
不安の正体は
存在そのものを受け止められていないからでは
ないだろうかと思っている

そして私が感じていたのは
お寺、僧侶の存在への不安だったかと思う

していることに意味があるのか
必要とされる存在なのか
こういう不安が無意識化で
絶えずつきまとっていた

読経という行為の腑に落ちなさ
また人数ではないと思いながらも
唯一仏教を伝える言える行事ともいえる
法話会にまったく人が集まらず
そんなことは誰にも必要とされていないと
絶えず打ちのめされていたこと

こういう虚しさから逃げるために
多くの人が集まる存在意義のあるお寺
必要とされる僧侶になりたかっただけではないだろうかと

このインタビューを切っ掛けに考えさせられた

不安から始める限り
さもそれらしいことを言って
自分の虚しさを穴埋めしているに過ぎない

不安からだとしても
行為そのものを通して
課題に自分が見出され
こういうことがしたい
この問題と対峙していきたいと
自分の内面から湧き出てくる欲求にしたがい
生き方が見えてくる

それが浄土往生ということなのではないだろうかと
最近思い始めているが

休止以前はそこまでいかなかった
(それらしいものが見えてきた気がしている)

また親鸞聖人の言葉に以下のものがある

外に賢善精進の相を現ずることを得ざれ、内に虚仮を懐けばなり 『愚禿鈔』

(私訳)立派に自分を着飾るな、それは内面の虚しさ故だ

ただこの虚しさを気づかせ、道を模索させてくれるのも
仏様の導きなのかもしれないな

本願力にあいぬれば
 むなしくすぐるひとぞなき
 功徳の宝海みちみちて
 煩悩の濁水へだてなし『高僧和讃』

ちなみにインタビューでは
またなんやかんやと立派な着飾ることを言ってしまったと思う、、、
有縁の方に懺悔して

南無阿弥陀仏
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ナカノブ

Author:ナカノブ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。