FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かの悪鬼神は、むかし仏法において決定の信を作せりしかども、彼、後の時において、悪知識に近づきて心に他の過を見る。この因縁をもって、悪鬼神に生まる、と。
『教行信証・化身土』



「私訳」人間の暴力性とは、他を批判し過ちを指摘するところから生まれる。自分は正しい、善なるものと仕立てるところから暴力は生まれるのだ。

親鸞聖人の主著の言葉を思い出した。

湯川さん、後藤さんの
いのちは奪われてしまったのだろうか
だとしたら本当に悲しいし、残念です。

今回一連の事件経過の中で
多くの正しい人から批判がなされ、過ちが指摘された

誰々がいけないのだと

善悪を定める視点からではなく
今後このようなことを二度と起こさないという
一点から検討がなされることを心の底から願います。

敵味方を立てて、
自分を正当化していくところには
暴力が生み出されてしまうのではないかと思う

日本はそもそも
アメリカの影響化にありながら
イスラーム国から直接の敵と
みなされていたのだろうか

安倍首相の演説で
“首相の演説は十七日、日本語で行われ、二億ドル支援に関して「ISILの脅威を少しでも食い止めるためだ。人材開発、インフラ支援を含め、ISILと闘う各国に支援を約束する」と述べた。英語版は日本語の原文とともに、首相官邸と外務省のホームページに掲載された。”

“ISILと闘う各国に支援を約束する”と

イスラーム国を悪として宣戦布告をしてしまった。

そして
イスラーム国は
“日本の首相よ。 お前は「イスラム国」から8500キロ以上も離れた所にいるのに、イスラム国に対する十字軍に進んで参加した。我々の女や子供を殺し、イスラム教徒の家を破壊するために誇らしげに1億ドルを提供したのだ。(後藤さんとみられる人にナイフを向けながら)よってこの日本人の命は1億ドルだ。さらにイスラム国の拡大を防ぐことを目的に、イスラム教を捨てた者たちの訓練費用に1億ドルを提供した。(湯川さんとみられる人にナイフを向けながら)よってこちらの日本人の命も1億ドルだ。日本国民よ。 日本政府はイスラム国に対する戦いに2億ドルを支払うという愚かな決断をした。この2人の国民を救うために2億ドル(の身代金)を支払う賢い選択を政府にさせるよう、日本国民が政府に圧力をかける猶予は72時間だ。さもなければ、このナイフがお前たちの悪夢となるだろう。”

と発表し日本を敵とみなし、
善なる立場から日本に要求を突きつけてきた。

それに対し
安倍首相は
「卑劣なテロは言語道断の暴挙であり、強く非難する」
善なる立場から批判した

その結果
“「日本政府は邪悪な有志連合に参加した愚かな同盟国と同じように『イスラム国』の力と権威を理解できなかった。われわれの軍はお前たちの血に飢えている。安倍総理大臣よ、勝てない戦争に参加した向こう見ずな決断によってこのナイフは後藤健二を殺すだけでなく今後もあなたの国民はどこにいても殺されることになる。日本の悪夢が始まる」”

もうこうなっては暴力の連鎖で
日本国はイスラーム国を
敵視する本当の理由が出来てしまった。

自分を正当化し
善悪、敵味方をつくっていくあり方は
結局のところ
悲劇しか生まれないのではないかと思う

これを切っ掛けに
正義の戦いなどは始めないでいただきたい

敵味方を分断しているものを見据えて行く
分からなければどちらにも与しない

敵としない
戦わない
殺さない

心の底から願います。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ナカノブ

Author:ナカノブ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。