FC2ブログ

5月19日から20日にかけて
明福寺の門徒さんと共に
上越の地に研修旅行に行ってきました。

上越の地になぜ出かけたのかいったら
親鸞聖人が法然上人門下にいた頃
流罪にされた地だからです。

なぜ
法然上人、親鸞聖人他
浄土宗の高弟たちは
罪人扱いされ死罪や流罪にされたのでしょうか

もっといえば
なぜ念仏者は弾圧されたのか

私の考えでは

念仏は人間を解放し
いかなるいのちであっても尊い
自分を自分として生きる
主体的な目覚めが起きてしまう
からではないかと思う

人間を支配し
自分の思い通りにしようという
権力者にとって
いかなるいのちも尊いという
目覚めは
位を無効化する
国を揺るがしかねない
恐怖だったのではないだろうか

ある先生が
「真実には弾圧が起こる、今はどうだい」
とおっしゃっていた。

そして親鸞聖人は
還俗され俗人として
流罪にされた際

「しかればすでに僧にあらず俗にあらず。」
と僧侶でもなければ俗人でもないと宣言している

これは国によって
僧侶と認められたり、
俗人とされたりする立場を捨てると同時に

立場を拠り所とし
自己を正当化させて
正解を求めるあり方を一切やめるという
宣言も含まれていたのではないかと思う

我々は関係性に基づいて
立場が与えられる
例えば
僧侶として、
父親として、
男として、
を根拠にする思考をやめる
立場から考えるのは
一種の自己欺瞞といえるのではないだろうか

事実と向き合い噴き出てくる
自分の本音を尋ねるのである
もしくは、背いている自分を痛むことである

それを私は唯一人間を回復することではないかと思っている。

聖人は一体どのようなことを考えていたのか
思いを馳せながら
上越における親鸞聖人所縁の地を巡っていました。
また、
ここ数年、年に一度旅行会を行っていますが
普段親しくさせていただいている門徒さんとも
寝泊りすると思いもよらない一面が見えたり
門徒さん同士の関係も深まって
とても楽しい旅行になりました。

P1100374.jpg

P1100379.jpg
爪彫の阿弥陀

P1100387.jpg
善光寺の親鸞聖人像

P1100409.jpg
宿坊で昼食

P1100421.jpg
小林一茶のお墓

P1100475.jpg
赤倉ホテルの大仏壇で朝のお勤め

P1100496.jpg
恵信尼廟所

P1100434.jpg
夕食懇親会

P1100457.jpg

P1100501.jpg
流罪ゆかりの光源寺(大谷派)

P1100507.jpg
流人と書いてあります

P1100531.jpg
見真堂

P1100534.jpg
居多ヶ浜

P1100536.jpg

P1100539.jpg
魚勢で昼食

P1100547.jpg
高田・浄興寺(浄興寺派本山)
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ナカノブ

Author:ナカノブ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ