FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の朝
「オニコワイ」
「幼稚園に行きたくない」
と長女が言っていた

私「昨日ナマナマさん(念仏)一緒にしたでしょ。」
「朝もナマナマさんしたら、オニさんも友達だよ。」

長女「ホントに?じゃあナマナマさんしてく」

私が凄く心に残る
親鸞聖人の文章がある

念仏せんひとびとは、かのさまたげをなさんひとをば、あわれみをなし、不便におもうて、念仏をもねんごろにもうして、さまたげなさんを、たすけさせたまうべしとこそ、ふるきひとはもうされそうらいしか。よくよく御たずねあるべきことなり。

今の言葉でいえば

念仏する人は、自分を苦しめ邪魔をする人を、
哀れに、不憫に思って、丁寧に念仏を称えなさい。
自分を苦しめ邪魔をしている人を助けるのがよいと、
法然上人はおっしゃいました。
よくよくこの言葉の意味の真意をたずねつづけてください。

これは親鸞聖人が
法然上人の言葉を聞き、

それ以来ずっと心に残っている
言葉ではないかと思う。

節分に豆を投げて
憎い鬼をたおすのではなく

傷つける背景に思いを馳せ、
忌み嫌われている存在を悲しむ

浄土仏教が描いている世界はとてつもないと感じる
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ナカノブ

Author:ナカノブ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。