FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ヶ月に一度程度
テラトーークなるものを開いている

まず
お寺には青年層の参詣が少ない
そして当寺(明福寺)は
公益法人の一つでありながら
門徒(檀家)以外の人にとって
なんのために存在しているのか

このような問題意識からはじめた集いである

私の同世代の人に主に声をかけ

参加者の一人に話したい話をしてもらい
それを受けて参加者全員で語り合うということをしている

仏教というものを全面には押し出していないけれど
対話を通して自分自身を問うていくというのは
仏教の願いわれていることではないかと思う

今回は私の読書遍歴と題して

大学生の方に
具体的な本との出会いを通して
思い込み、枠組みがやぶられた
人生観がかわった等の
話しをしていただいた。

そして現在は
朝活読書会なるものを
定期的に開催しているというから
筋金入りである。

その後の話し合いでは
参加者一人一人の読書遍歴を紹介し
話し合いを行った。

読書は
知見を広げる
仕事、勉強のために読む
娯楽
まったく読まない
漫画は読書に入るのか
結局実践しなければしょうがない
等々

本当に様々な意見が出た

それぞれが違う意見をもっている
そこで正当性を主張して
自分と同じにするのではなく
違うままでいることを喜べる

そのためには
その思いの源泉を聞いていく
そして頷きとともに
自分の世界が広がっていく

その一連の流れ
違うということと
同じということを打ち破る

共にという在り方が
浄土の世界観ではないかと思う

金子みすゞさんの詩でいえば
「みんなちがって、みんないい」と表現される世界だろうか

そんな場所に出来たらいいなと思う

後半は
仕事に対する想いという話になった
自分自身ちょっと
ま逆の流れを作ってしまったような気もする
申し訳ない・・・
P1090692.jpg

P1090694.jpg

P1090696.jpg

P1090695.jpg
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ナカノブ

Author:ナカノブ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。