FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お寺の忘年会を行いました。

例年ですと

17時からお勤め、
その後直ぐ懇親会を行っているのですが

今年はその前に
15時から17時まで

お寺の一年の行事を振り返って
来年の行事のこと
その他お寺に対してなんでも
おっしゃって下さい

と呼びかけて話し合いを行いました。

今までは、
ほぼ一方的にお寺の側からなげかけて
それに応じてくれた方に
協力をお願いするという形でしたが

そのなげかけそのものが
成り立っているのか

お寺の方は今のままで
いいと思っているかもしれないけども

そもそも門徒の声を聞く気があるのか
根本的な問題を抱えているのではないか

ではなぜそれはそのままにしてあるのか
こう変えたらどうか

こういうやりとりがなされました。

長い年月をかけて
抱えている問題そのものを
しょうがないことと
当たり前の前提としてしまって
問いを持つことさえ放棄してしまっていました。

それはひとえに当たり前の部分に
問をなげかけるのは
自分の受け止め方
その後の行動を変えなければいけません

それは正直しんどいわけです
しかし変えないで守れるものは

できることならそのままでいたい
勇気のない、楽をしたい自分であって

それこそ
怠惰で意気地のない自分に出会ったのであれば
まずその部分と向き合わなければならないのでしょう。

出された意見は沢山ありましたが
殆どが耳を傾けざるを得ないことであったかと思います。

言われたからやるのではなく
その言葉を通して自分の中で問題が表面化されたこと
それを具体的な形に出来たらと思います。

私もお寺に関わるようになって
四年目になりますが
今までかけられた殆どの声が
「副住職、頑張ってるね」だったかと思います。

それはそれで悪い気はしませんでしたが
言い知れぬ不安も感じていました。

表面的なところに留まってしまっていて
中々本当の関係性が築けない
真剣になってもらえない

しかし、今回話し合いの場を設けたことによって

本当に問題点を指摘する
真剣な意見を聞けたことは
大きな変化ではないかと思います。

一時間位は責められっぱなしで
正直辛い時間ではありましたが
その後のお酒はとてつもなくおいしく感じました。

実際の忘年会の方も、くじ引き大会等をして
一人ひとり一言の時間もあり
懇親が深められたのではないかと思います。

P1090572.jpg

P1090584.jpg

P1090592.jpg
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ナカノブ

Author:ナカノブ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。