FC2ブログ
12 17
2010

先日
伝道講習会の後講習がありました。

講題は帰命と依存

この二つはなんとなく
似ている言葉だと思いますが

もたらすはたらきは間逆ではないかと思います

帰命とは
考える力を与えて
支えて活き活きとさせる


依存とは
考える力を奪い
人を守り衰退させていく

しかし無意識に何かに依存してします。
本当に日常生活いたるところでしてしまっています。

考えることなく
試すことなく

世の中で是とされていることに従い
便利なものに頼っています

まず一つ目

奥さんと子どもがいない時に
自分で料理していても

一人でいると
どんどん食材が賞味期限、消費期限過ぎていきました。

小さい子どもが食べると思うと
一日過ぎただけでも捨ててしまいましたが

自分一人が食べると思うと
2,3日過ぎようが食べます。

食べてみると美味しいし、お腹も壊しませんでした。
しかし、食べることなく捨ててしまっていました。


また二つ目は
住職と通夜葬儀に出かける時は
車で行きますが

住職は色々な抜け道を知っています。
しかし、私は知りません

それはどこに行くにも
カーナビに頼っているからです。

頼っていますから
地図も見れないですし
カーナビがなければ不安になっていまいます。

大きな価値観にたよる
便利なものにたよる

それは人間の能力をどんどん奪っているのかもしれません。


コメント

自然治癒力

>それは人間の能力をどんどん奪っているのかもしれません。

おっしゃる通り!。
たまたま今日、友人と病気と医者についての論争をしました。わたしは自然治癒力派、友人は病気になったらすぐ医者通い派。

わたしは、「医者へ行ったら病気でもないのに『病人』にされてしまう。俺のもっている病人の基準と医者の言う病人の基準・・つまり持っているモノサシが違うから・・・」といいます。
医者へ行って無理やり病名つけられて薬漬け・・・これじゃあ人間の本来もっている自然治癒力がなくなるのは当たり前。・・結果、なにかにつけて医者頼みの悪循環。

医者へ行って病人にされて、やれ薬代、やれ入院費用、それ手術・・・、そんなの金持ちのやること。わたしは貧乏だからそんな金はありません!。その結果、病気が悪化して死ぬようなことになったら・・・それこそ「それがわたしの人生よ」と受け入れるしかないじゃありませんか。だって人間なんて所詮死ぬまでしか生きられない・・・これみーーーんな同じですよ。

Re: 自然治癒力

>バガモントさん

「それがわたしの人生よ」
と受け入れることが出来たら・・・

人生が輝きはじめるかも・・・
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ナカノブ

Author:ナカノブ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ