FC2ブログ
11 23
2009

少し前に
オバマ米国大統領が来日し

その後中国、韓国に訪問したようです。
国家間同士の大局的な話が交わされたのでしょう。

しかし、たまたま見ていたニュースだけかも
知れませんが

鳩山首相は、オバマ大統領に
最初に日本に来ていただいて有難うというような
ことを言っていたのです。

それ自体大したことではないかも知れません。

しかし、その後の報道で
オバマ大統領は中国に行ったようですが

中国には、四日も滞在し、しかも観光もする。
日本には二日しかいないし、観光はしない。

これはもうアメリカは、日本の事を
大した存在だと思っていない

中国の方を重要視している
これは日本にとって由々しき問題だ

というような報道がありました。

期間の長さからしたら、
実際にその通りなのでしょう。

しかし、日本の価値はアメリカによって
決められるわけでもないし、

もうちょっとドシっと構えられないものかね
なんて思って見ていましたが

しかし、これが自分自身の問題となったら
どうでしょうか

以前友人の僧侶と話している時に

お酒も入っている席ですが
お互い長所と短所を言い合おう
ということになって

お互いに言っていると

私自身なんとなく
自分の長所や短所は把握しているつもりです。
他人にはこう映っているだろうと

しかし、そこで思ってもみないような
一言が発せられました。

「功をたてようとしている」
「焦っている」

え?!
そんなことはないと思ったのでしたが

心にグサッときました。

功というのは大きい仕事をして
実績を作ったり、売り上げを伸ばそうと
とする思いのことでしょう。

自分を大きく見せよう、良く見せようとしている
と私には捉えられました。

いやいや違うよ、そんなつもりはないし、
そもそもお寺でそんなこと出来ないでしょう。
瞬間自己弁護の心が出てきましたが、

果たして、本当にないだろうか

あるのです。少しあるとかそういうレベルではなく
毎日自分をよく見せたい、評価されたい
自分を見てもらいたい、存在を知ってもらいたい
と思って生きていたのです。

以前は、当たり前のように、疑問に感じることもなく
功利心とか、名利心を持って動いておりましたが、

僧侶になってからは、そんなことではいかん
清廉潔白に生きなければ(徹底は出来ませんが)
となんとなく思って生活してきたのです。

そのため、単純な使うお金の金額は減っていますし、
着る服、食べる物は安くなっています。
(それは結婚して、子供がいることも大きな要因ですが・・・)

しかし、それは違った形で現れていたのです。
それは人にかけられる言葉であり、関心であり、
評価でした。

このブログも以前はホームページ上で更新している時は、
特に感じていないことでしたが、

拍手や、コメントによって、
他人からの動きがわかるようになると

拍手一つで一喜一憂しているのです。

ホームページのアクセスも多いときは
うれしいですし、

寺報を送って後に、そのことについて
読みましたよ、素晴らしいですねなんて
言われた日には凄くうれしいのです。

そんな思いで始めたわけではなかったのですが
私の中は、功を立てようという思いで
充満していたのです。

しかし、それは指摘されるまで、
まったく気付いていませんでした。

だから、日本がアメリカに
重要視されたいという姿を見て

情けないと思ったのは
他ならぬ見たくない
私の姿が見えたからなのでしょう。


誠に知りぬ。悲しきかな、愚禿鸞、愛欲の広海に沈没し、名利の太山に迷惑して、定聚の数に入ることを喜ばず、真証の証に近づくことを快しまざることを、恥ずべし、傷むべし、と。(「信巻」・聖典二五一頁)

(現代語訳)
ほんとうに身をもって知った。悲しいことに、この愚禿親鸞は愛欲の広い海に沈みこんでしまい、名利の大きな山に踏み惑って、浄土で仏になることが約束された人々の仲間に入ることをうれしいとも思わないし、真実のさとりに近づくことを快いとも思わない、恥ずかしいことである、かなしいことである、と。(教学研究所メッセージ)

これは、念仏の教えにあった親鸞聖人の言葉です。

恥ずかしい、悲しい存在である。
どうしようもない私だとわかる。

そこに明確に、仏法を聞かなければならない身
南無阿弥陀仏が私のための教えだと頷けるのかも知れません。

あれになろう、これになろうと焦るより、富士のように、黙って、自分を動かないものに作り上げろ。
吉川英治

コメント

副住職の長所 適当なところ
      短所 適当なところ
 

Re: タイトルなし

コメント有難うv-222
適当なところは
把握してます。

大辞林 第二版 (三省堂)によると
てきとう ―たう 【適当】

(名・形動)スル[文]ナリ

(1)ある状態・目的・要求などにぴったり合っていること。ふさわしいこと。また、そのさま。相当。
「―な例」「―な結婚相手を世話する」「君主政治なる者は殊に大国に―するの理を/民約論(徳)」

(2)その場を何とかつくろう程度であること。いい加減なこと。また、そのさま。
「―にはぐらかす」「―なことを言う」

(1)の意味でよろしくお願いします。
では来週
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ナカノブ

Author:ナカノブ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ